人気の記事はこちら

【IQ300の天才】ジョン・フォイ・ノイマンの逸話と歴史

悪魔の頭脳ジョンフォイノイマンノイマンの逸話と歴史

悪魔の頭脳と呼ばれ歴史上最も天才であった言われるノイマンです。ゲーム理論を作り、コンピューターを作り、原子爆弾の研究開発もしていたノイマンの性格や逸話を紹介していきます。

この記事でわかること
  • ノイマンという人物
  • ノイマンの歴史と経歴
  • ノイマンの具体的な逸話
広告

ノイマンとは?

ノイマン

ジョンフォイ・ノイマンは20世紀に最も影響を与えた数学者です。IQは300あり歴史上トップ。

アインシュタインなど天才学者が集まる「プリンストン高等研究所」内でもノイマンは桁違いの天才でした。アインシュタインが本当の天才と認めたのもノイマンのみです。

彼は生涯で150以上の論文を発表しています。

コンピューターの産みの親でもあり、原子爆弾の産みの親でもあり、悪魔の頭脳の持ち主と呼ばれています。

先に下記のIQランキングを見ておくとノイマンがどれだけ逸脱した天才だったのがよくわかるので読んでみてください。

>>【IQ世界ランキングトップ8人】IQが一番高い人間は誰?

ノイマンの経歴

ノイマンの経歴

  • 1903年:ハンガリーのブダペストに生まれる。
  • 1909年:8桁までの暗算ができるようになる。数カ国後語話せるようになる。
  • 1910年:微分積分を理解する。
  • 1914年:アウグスト信仰の福音学校に入学する。教師がノイマンの才能に気付きブダペスト大学の数学者を紹介する。
  • 1920年:初めての数学論文「ある種の最小多項式の零点と超越直径について」を執筆する。ドイツの数学雑誌に掲載される。
  • 1921年:首席で中等教育を卒業する。体育に関してはダメダメであった。
  • 1921年:ブダペスト大学に入学する。
  • 1926年:ブダペスト大学院数学を学び博士号を授与される。
  • 1927年:最年少でベルリン大学で講師を勤める。
  • 1930年:アメリカへ移住し、プリンストン高等研究所の所員になる。所員メンバーにはアインシュタインもいた。また第二不完全性定理を発表する。
  • 1932年:「量子力学の数学的基礎」を出版する
  • 1933年:プリンストン高等研究所の教授になる。
  • 1937年:アメリカ陸軍に志願をするが不採用になった。原子爆弾の研究をするマンハッタン計画に参加する。
  • 1941年:国防研究協議会の顧問になる。爆発の威力を増す研究をしていた。第二次世界大戦でこの技術が爆弾に応用されている。
  • 1944年:「ゲーム理論と経済行動」出版する。
  • 1945年:「一般経済均衡モデル」を発表する。
  • 1949年:初のノイマン型コンピューターを開発する。
  • 1952年:高等研究所で研究していたコンピュータが完成する。コンピューターで数値予報が実現した。
  • 1954年:米国原子力委員の会長に就任する。
  • 1954年:がんで逝去する。

世界各国別にIQのランキングも作ってみたので、頭の良い国がどこなのか気になる方は下記も読んでみてください。

>>【2021年】IQの高い国ランキングトップ10

ノイマンのすごい逸話

ノイマンの逸話

  • 電話帳を開き見えた数字の総和がわかる。
  • 6歳で8桁の暗算ができる。
  • 研究者が不可能と言ったものを数分で解いて見せた
  • 幼少期に7カ国後話せた
  • 卓上電卓より暗算が早く正確であった
  • 深い考察をするとき壁の壁の線を眺めていた
  • ノーベル経済学賞を受賞するジョン・ナッシュの「ナッシュの均衡」を学生時代にくだらないことと言ってた。ナッシュ自身も評価に値しない研究と言っている。
  • アインシュタインやハイゼンベルクがノイマンが真の天才だと言っていた。
  • 興味ないことは覚えられない。何十年も住んでいる家の食器の位置や前日に人の名前も覚えていなかった。
  • コンピューターができた時に「オレの次に計算が早いやつができた」と喜んでいた。
  • 女性の足を眺めるのが好きでよく秘書にいたずらをしていた
  • 原子爆弾を落とすときに東京ではなく京都に落とそうと提案していた。
  • あまりに天才だったため死後ノイマンは火星人であると言われていた

ノイマンの逸脱した天才ですが人間はもっと不思議な特殊能力を持っている人もいるので、下記も読んでみてくださいね。

>>【超不思議な力】実在する人間が持つ特殊な能力7選

ジョンフォイ・ノイマンのまとめ

ノイマンは原子爆弾の開発に関わっていて「悪魔の頭脳」とも呼ばれていますが、ノイマンは「我々が今生きている世界に責任を持つ必要はない」と主張しています。

しかしその一方で「私が今作っている物は怪物である。世界を変えるような衝撃を与えるが科学者として科学で可能であるならば、私がやり遂げなければならない。これはまだ始まりだ。」とも言っています。