【ギリシャ神話の神々】オリュンポス12神を全員を解説

ギリシャ神話のオリュンポス12神

ギリシャ神話の神々の中でも特に有名なのが、オリュンポス12神と言われる12人の神様です。今回12神全部紹介します。「豊穣の神」「軍神アレス」「最高神ゼウス」「海神ポイセイドン」とかです!

オリュンポス12神

オリュンポ12神とは、ギリシア神話で、「オリュンポス山」の山頂に住んでいると言われている12柱の神様たちのことです。

主神ゼウスがトップで、男6神、女6神の組み合わせです。正直彼らの、男女の関係がとんでもなく広く書くのがとても大変です。

世界一わかりやすい!オリュンポス12神相関図

オリュンポス12神相関図

ゼウスにはまだまだ愛人がいます。

オリュンポス12神以外は今回省いてます。それでもゼウスのクズっぷり!

ゼウス

ゼウス

ギリシャ語 ラテン語 英語 神族
ゼウス ユピテル ジュピター 最高神、天空神

ゼウスはギリシャ神話内では、最高神であり全てを支配する全知全能の神です。

正妻はヘラです。

今にも投げそうな杖を持ち、これで雷を操ることで有名ですよね。この能力でたくさんの怪物を倒してきました。

しかし、こいつかなりのクズです。

正妻であるヘラがいるのにも関わらず、他の神と浮気をして、精霊とも浮気をして、人間とも浮気を繰り返して子供が何人もできてしまっています。

愛人の数も子供の数も驚きです

何をしても許されるのが最高神のようです。

浮気相手から読み解く!ゼウスの浮気には理由がある

ヘーラー

ヘラ

 

ギリシャ語 ラテン語 英語 神族
ヘラ ユノ ジュノー 結婚の女神

ヘラは、ギリシャ神話内の最高位の女神でゼウスの正妻です。

そしてかなり嫉妬深いこと有名です。

ゼウスが浮気をすると浮気相手に復讐をして嫌がらせを繰り返していました。

また浮気相手のみならず、浮気相手とゼウスの子供にも容赦ありません。

自分の身内であっても、敵に回ると容赦なくトロイア戦争では息子アレスを叩きつぶします。

とにかく容赦ありません。

アテナ

アテナ

ギリシャ語 ラテン語 英語 神族
アテナ ミネルヴァ ミネルバ 戦いの女神

アテネは、ゼウスの頭から武装し鎧を着たまま産まれてきました。

戦いの女神と呼ばれていています。アテネはゼウスの最初の妻メティスの娘になります。

ゼウスは予言で、メティスの子供は強く、ゼウスの地位を脅す可能性があると受けました。

そして、メティスが妊娠すると「ヤバイかも」と思ったゼウスはメティスを丸呑みにして子供が産まれるのを阻止しました。

しかし、お腹の中にいたアテネはゼウスの頭で成長していました。

成長するにつれてゼウスは頭痛に悩まされ、ある日ポンとゼウスの頭から武装した状態で産まれてきました。

戦いの女神と聞くと戦い好きなのかと想像するかもしれませんが好戦的ではありません。

彼女は都市や自治を守るためにいつも戦ってきました。

ポセイドン

ポセイドン

ギリシャ語 ラテン語 英語 神族
ポセイドン ネプトゥヌス ネプチューン 海と地震の神

ポセイドンは、ゼウスに次ぐ能力を持っていて、ゼウスの兄でもある海と地震の神です

ポイセイドンといえば三叉の矛を使って戦うのは有名ですよね。

ポイセイドンはかなり短気で、彼が怒れば、海は荒れて、地震が起こりと大迷惑な奴です。

こいつもゼウスの兄らしく、浮気ばかりして愛人がたくさんいます。

有名な神話では、アテネの神殿で愛人メドゥーサと行為を行ってしまい、アテネと大喧嘩になりました。

しかし、アテネはポイセイドンに勝つことができなく怒りの矛先をメドゥーサに変更して罰してしまいます。

それにより美しかったメドゥーサの髪は全部ヘビに変えれて、見るもの全てを石に変える化け物にされてしまいました。

ポイセイドンが助けてあげればいいと思うんですがね。

リトルマーメイドの世界だとアリエルの父はポイセイドンの息子で、ポイセイドンはアリエルの祖父に当たる神様です。

アポロ

アポロ

ギリシャ語 ラテン語 英語 神族
アポロン アポロ アポロ 芸術、予言、光明の神

アポロは、芸術光明予言の神であり、神々の中で一番イケメンであると言われています。弓と竪琴を持っています。

父親はゼウス母親はレト双子にアルテミスがいます。

しかし、アポロはいつも失恋ばかりしています。

それも全て自分のせいなのに、悲劇のヒロインを気取ってます。

神話では、

  • 王妃に浮気をされたから、王妃を殺したら自分の子供を授かっていた。
  • 円盤投げをして遊んでいたら、相手に当たって死んじゃう。
  • 好きな子を追いかけまわして、相手はアポロから逃げるために木になりました。

かなりメンヘラっぽいですね。

父親のゼウスとは大違いで失恋が多いようです。

アフロディテ

アフロディテ

ギリシャ語 ラテン語 英語 神族
アフロディテ ウェヌス ヴィーナス 愛と美の女神

アフロディテは、ゼウスの父クラノスの男根が泡になり産まれたと言われています。

ゼウスの父クラノスは、妻に性器を切って海へ捨てろと命じられたそうです。

理由は聞くまでもないでしょう。

また愛と美の女神とも呼ばれ、美しすぎて他の神からモテモテすぎて、他の女神から嫌われていたようです。

ローマ神話で、優雅な姿を持ち裸で描かれることも多い。

フランスのルーブル美術館にあるミロのヴィーナスもアフロディテがモデル。 恋愛感情を起こす弓矢を持つ息子のエロスを連れている

 

アレス

アレス

ギリシャ語 ラテン語 英語 神族
アレス マルス マーズ 戦いの神、軍神

アレスは、ゼウスとヘラの息子で、戦いの神軍神と呼ばれています。

戦いが大好きで、性格は悪く、他の神や人間からも嫌われていなした。

どれだけ強いだろう!と思ってみれば、多くの戦で負けていて、人間のヘラクレスにまで半殺しにされるんです。

負けてばかりでしたが見た目は神々の中でもトップクラスです。

何が軍神なのかわかりませんよね。そのこともあり、ギリシャ神話ではあまり人気がありません。

アルテミス

アルテミス

ギリシャ語 ラテン語 英語 神族
アルテミス ディアナ ダイアナ 狩猟、貞潔、月の女神

アルテミスは、アポロの双子でありです。狩猟貞潔月の女神よ呼ばれています。

父親はゼウスで、母親はレトです。

アルテミスは貞潔の女神であり永遠の純潔です。それは部下にも純潔の誓いを立てさせるほど厳しいものでした。

しかし、ここでクズ(ゼウス)が手を付けてしまったというエピソードがあります。

そんな彼女も1度だけ恋をしています。それはポイセイドンの息子オリオンです。

狩猟の神でもある彼女は、ギリシャ1番の狩りの腕を持つオリオンに惹かれたのです。多くの神がいつか結婚するだろうと考えていました。

しかし、双子のメンヘラのアポロが二人の関係を良く思っていませんでした。

アポロは、オリオンは野蛮で嫌いだ!アルテミスは貞潔の女神なんだ!っと思っていたようです。

そこで罠をかけてオリオンを殺してしまいます・

ゼウスは悲しむアルテミスを見て、オリオンを宇宙へ飛ばしてオリオン座にしたようです。

シスコンメンヘラ男に追われて大変そうです。

デメテル

デメテール

 

ギリシャ語 ラテン語 英語 神族
デメテル ケレス セレス 大地と豊穣の女神

 

デメテルは、ゼウスの姉であり大地と豊穣の女神です。穀物などの作り方を人間に授けたと言われています。

豊作、凶作はデルメルの気分で変わります。基本的に温厚なデミテルですが、怒ると大地は裂け、荒廃してしまうこともあります。

しかし、またここでゼウスがやらかします

自分の姉であるデメテルを無理やり行為をして、子供を作らせたといういいます。

そして、この子供が冥界王ハデスへ攫われれてしまいそれをデメテルが探しに行きます。

しかし、探している最中に兄弟のポセイドンがデメテルが言い寄り、無理やり行為をしてしまうということがありました。

そんな探している旅をしている最中に愛する人ができました。

それは普通の人間であるイアシオンです。

しかし、彼はゼウスの嫉妬により雷に打たれて殺されてしまいました。

ヘーパイストス

ヘーパイストス

ギリシャ語 ラテン語 英語 神族
ヘパイストス ウルカヌス ヴァルカン 火と鍛冶の神

ヘーパイストスは、神々の武器屋道具を作る、火と鍛冶の神です

神々の中では、醜く容姿に恵まれず、足を失ってしまうますが、モテモテの愛と美の女神アフロディテと結婚しています。

しかし、結婚は最高位の女神ヘラによって無理やりされたものでした。

ある日、アフロディテは醜いヘーパイストスとの生活に疲れていました。しかし、そこへ軍神アレスが現れ彼と浮気をしてしまいます。

アレスは見た目は神々の中でもトップクラスです。

ドンマイとしか言いようがないですね。

ヘルメス

ヘルメース

ギリシャ語 ラテン語 英語 神族
ヘルメス メルクリウス マーキュリー 伝令神, 雄弁と計略の神

ヘルメスは、伝令神, 雄弁と計略の神、旅人の守り神でもある。神々の伝令役です。

父親はゼウスで母親はマイアです。

産まれてすぐに彼はアポロの牛を盗みました。それは足跡を偽装して、言い訳も用意して、と用意周到なものでした。

それでゼウスに雄弁と計略の才能があるとバレて、ゼウスの裏方として暗殺やなんでもやらされるようになります。

「百眼の巨人アルゴス」をゼウスの依頼で殺したと言われれていします。

ヘラが、ゼウスと浮気相手疑惑のある女性に「百眼の巨人アルゴス」を付け監視していたところみごとにゼウスが引っかかり、ヘルメスに「百眼の巨人アルゴス」殺すことを依頼した経緯があります。

ゼウスの良い話が聞いてみたいものです。

ヘスティアー

ヘスティア

 

ギリシャ語 ラテン語 英語 神族
ヘスティア ウェスタ ヘスティア

ヘスティアは、ゼウス兄弟の長女で、炉の女神、家庭生活の守護神と呼ばれています。

古代のギリシャで炉とは、家の真ん中にありみんなで囲むものです。

なのでヘスティアは炉で、家の守護神と呼ばれているのです。

1人だけのんびりとしてた女神です。そのためあまりエピソードもありません。

音を持たず、生涯1人過ごしたそうです。

好きな神様はみつかりましたか?

わたしは好きな神様は見つかりませんでしたが、嫌いな神様は見つけることができました。

ギリシャ神話というとすごい遠い存在でしたが、これって割と自分の近くにあるエピソードじゃん!って感じました。

アフロディテの美しすぎていじめられていたって、わたしとそっくりです。

その他にも、浮気で喧嘩したり、ちょっかい出したり、子供かよ!って突っ込みたくなっちゃいました。

男神はまだまだたくさん愛人がいて、そこからとんでもない人物たちが産まれていたりします。

次はゼウスの浮気相手とのことを書こうかなって思っています。

クリックするだけで良いのでブログ村にクリックで応援お願いします‼

してくれたら神と呼びます。