【現在もヤバイ!】危険な「北センチネル島」とは?

マジでヤバイ!北センチネル島民
北センチネル島って聞いたことありますか?ヤバイ島って知ってる人は多いでしょう。でもどのくらいヤバイか知ってますか?今回は、北センチネル島のヤバさについて詳しく紹介していきます。
こんな噂がある
  1. 上陸すると殺される
  2. 生きて帰った人はいない
  3. 行く方法がない

北センチネル島とはなに?

北センチネル島民1

北センチネル島は、インド領アンダマン諸島に所属しており、50人から400人の住民がいます。彼らは、現在の文明と接触がほとんどなく非接触民族の1つです。

世界に100以上あると言われる非接触民族ですが、なぜ彼らが有名になったかというと2018年の宣教師殺害事件があったからです。

キリスト教の布教に来た宣教師を弓で撃退して、殺してしまった事件です。そしてセンチネル族の風貌もインパクトがあり、危険でヤバイ島と世界に知れ渡ってしまいました。

北センチネル島の住民

北センチネル島民

北センチネル島はセンチネル族が住んでいますが、センチネル語を話していないようです。もうセンチネル族と呼べるのか怪しいレベルの人たちです。

彼らは、数万年前から北センチネル島に住んでいると言われています。一切外部との接触をしてこなかった、私たちの遺伝子とは違い病原菌の耐性がないかもしれないとも言われています。

>>人間の持つ特殊な能力

そんなこともあり、彼らの遺伝子はかなり注目を浴びていました。しかし、インド政府が北センチネル島5キロ以内に入ることを禁止し、違反した場合は罰すると決めました。

彼らには「外部と接触しない権利」があるらしいです。

北センチネル島とはなぜヤバイのか?

北センチネル島がヤバイと言われている理由は4つあります。

  1. 上陸した人は殺されている
  2. 外部との接触を拒否している
  3. 生活水準は石器時代並み
  4. インド政府が上陸を禁止にした

各ヤバイ理由を詳しく紹介していきます。

上陸した人は殺されている

2006年にカニの密漁をしていた2人組が、北センチネル人に殺されています。たまたま彼らのボートが、北センチネル島に上陸してしまい攻撃をされてしまいました。

北センチネル島民

2018年にカヌーで単身で北センチネル島へ上陸して、島民にキリスト教の教えを説こうとしたところ、島民に矢で殺されてしまいました。

北センチネル島民

飛行機で死体を回収にし行ったところ、弓を射られてしまい未だに死体の回収をできていません。

外部接触を拒否している

まだ理由はわかっていませんが、彼らは外部との接触を一切拒否しています。

しかし、研究者によるとおそらく外部と接触すると何か危険なことがあると彼らの中でルールがあるようです。

生活水準が石器時代並み

北センチネル島民

画像で見てもわかる通り、本当に石器時代の風貌です。衣服も、女性は首や腰回りに装飾品があるものの、ほとんど裸と言っても良いと思います。

彼らの手にしている武器も槍や弓矢になります。ヘリコプター相手に槍と弓矢で応戦するようです。

世界の秘境

現在文明を必要としていない彼らとは、接触しないと言う意見もわかるけど、ちゃんと研究してほしいなって思います。純粋に気になるだけですが..

>>超危険!世界の危険な島6選

秘境ということもあり、この島に来るための闇ツアーなどもあるようです。全世界の人に知れ渡っているので、最終的に解明されると思っています。