【閲覧注意!画像付き】世界三大奇虫とは何のこと?

世界三大奇虫

世界三大奇虫ってなにか知っていますか?多くの人が苦手と思う虫です。ウデムシ、サソリモドキ、ヒヨケムシのことです。どんな生き物なのか画像で比べてみましょう!

うでむし

うでむし

ハリーポッターの炎のゴブレットに登場する気持ち悪い虫です。ロンの演技が最高!って思ってましたが実在する生き物なんです。

うでむし

しかし見た目に反して、性格はおとなしくゆっくりと木の裏や洞窟などに住んでいます。またペットとして飼っている人もいるくらいです。うでむしはあまり視力が良くなく、その代わりにこの長い触覚でエサを見つけます。

うでむし

うでむしは求愛にダンスを踊ってアピールすることも有名です。個体の判別ができ、社会性があると言えます、また繁殖には交尾と言われる行為をせず、精のみを雌の個体に入れるだけです。

キモイと言えばオオグゾムシも↓

さそりもどき

さそりもどき

先ほどのうでむしを見た後だと、あまりインパクトがありませんね。さそりもどきと名前が付いているようにさそりとは近縁ではありません。さそりに似てるだけです。

種類的にはうでむしに近いです。しかし、実は毒を持っていて身に危険を感じるとお尻から毒を噴射させます。少量ならばお酢の匂いがする程度のようで毒性は強くありません。

亜熱帯に生息しており、日本では石垣島や奄美大島に生息しているようです。

さそりもどき

メスは卵が羽化するまで絶食をして卵を守ります。そして卵が羽化して親は離れていくとメスの亡くなってしまいます。中のガスをキレイに処理をして揚げて食べる人もいるとか…

ガスを噴射する虫は他にもいます↓

ひよけむし

ひよけむし

ひよけむしは、地域により様々な名前を持っています。日本では名前の通り日陰に住んでいます。他の国では、「風のクモ」「太陽のクモ」「ラクダのクモ」などの名前があります。

もっと変な名前知りたい人↓

主に、中東、アフリカ、ヨーロッパの砂漠などの乾燥地帯に生息しており日本には生息していません。ひよけむし

ひよけむしは、強そうな見た目ですが体は柔らかく、毒もないため鳥類などのエサになってしまっています。

しかし、時速16キロで走ることができネズミやトカゲなども捕食することができます。ひとけむしの研究はあまり進んでいなく、生態などは不明な所が多いようです。あなたが研究してみてはどうでしょうか?

他にも変な生き物はたくさん↓

愛される世界三大奇虫

ハリーポッター

多くの人が嫌う見た目にも関わらず、あえて飼って可愛がっている人もいるようです。ハリーポッターと炎のゴブレットのムディー先生も飼っていましたね。

一度見たら世界三大奇虫ことは忘れないですよね。世界には変な生き物がたくさんいて不思議ですね。

みなさんも変な生き物飼ってますか?