世界の超危険な生物達!トップランキング15選

世界の超危険な生物達!トップランキング15選

地球上で最も人間の命を奪ってい超危険な生物を、元マイクロソフトのビルゲイツ氏がブログに投稿に年間に年間どれだけ殺しているかを1枚に画像にしました。今回は、それを元に危険な生物ランキングを紹介します。

15位 オオカミ:危険な動物

オオカミ

  • 年間殺人数:10人
  • ランキング:15位

ディズニーの三匹のこぶたなど、アニメや映画でいつも悪者にされていますが、基本的に人間を襲うことはありません。

たしかに体を噛まれたりとすることもありますが稀なケースです。古来日本では、畑を荒らす動物などを減らしてくれるなどして一部の地域で敬意を持たれていました。

14位 サメ:危険な動物

ジョーズ

  • 年間殺人数:約10人
  • ランキング:14位

ジョーズなどの鮫の映画によって、鮫はとても危険なイメージがあるでしょう。しかし、実際は鮫に殺される確率は人間が雷に打たれて死ぬよりも確率が低いと言われています。

また襲われる人間も私たちのような観光者ではなくサーファーばかりになります。なぜならば、海中から見るとサーフボードがアザラシのように見えるからと言われています。

しかし、本当にアザラシのように見えて襲っているのかについては詳しい研究はされていないので定かではありません。

ジョーズの映画が無料で見たい人↓

13位 ライオン:危険な動物

世界の超危険な生物達!トップランキング15選

  • 年間殺人数:100人
  • ランキング:13位

世界で一番の捕食者、「百獣の王」とも呼ばれ、オスのたてがみはライオンの象徴と言えるでしょう。ライオンの危険イメージと言えば、女優の松島トモ子がライオンに噛まれたことは有名でしょう。

その他にもライオン調教師サーカスの練習中に噛まれたことなどもよく耳にします。

しかし、賢いライオンは積極的に人間を襲うことはありません。野生のライオンで遠くから刺激しないように見ていれば襲われることはないでしょう。

12位 ゾウ:危険な動物

世界の超危険な生物達!トップランキング15選

  • 年間殺人数:100人
  • ランキング:12位

穏やかに見えて温厚で優しそうなイメージがありますが、ライオンと同じくらいの人間を殺しています。

象が人間を襲う理由としてあげられているのは、人間が象の生息地に入り込み刺激しているからだと言われています。

また人間が彼らの領域内で食料などを持って行ってしまい、食料不足で人間を襲うこともあると言われています。

巨大な象は1日に300キロの食料を食べ、200キロの水を飲むと言われています。

11位 カバ:危険な動物

世界の超危険な生物達!トップランキング15選

  • 年間殺人数:500人
  • ランキング:11位

アニメや漫画では怖い動物として出てきませんが、実はライオンの五倍以上人間を襲っています。

カバは縄張り意識が強く、自分の縄張りに入ってきたものは全て攻撃します。

それは、ライオン、ワニ、人間だけでなく、他の場所から来たカバも攻撃します。

大きい個体は2000キロにもなり、噛む力は1トンもあり、時速も40キロで走ることができます。

アフリカではカバが一番人間を襲っています、現地のひとはカバが最も恐ろしいと言うそうです。

10位 ワニ:危険な動物

世界の超危険な生物達!トップランキング15選

  • 年間殺人数:1000人
  • ランキング:10位

川岸で怖い動物と言えばワニが出てきますよね。ワニの噛む力はカバを遥かに上回ります。およそ2トン以上の力があると言われてます。

どんな生物もワニに噛まれたら助からないでしょう。またワニは水を泳ぐこともできます。四肢を体にくっつけて、左右に揺れるように泳ぎます。

よく映画にワニが人間を水の中に引きずりこまれるシーンがありますよね。ワニは泳ぐ際に音を立てないので気づくことができないのです。

しかし、怖いイメージだけでなく、ワニの肉はとても美味しいんです。たんぱくで栄養もあり鶏をもう少したんぱくにした味がします。

東南アジアでは食用として飼われているくらいです。

ちなみに、私もワニのお肉が大好きです。

9位 サナダムシ:危険な昆虫

  • 年間殺人数:2000人
  • ランキング:9位

生魚イカなどに寄生している、あの長い糸みたいな寄生虫です。サナダムシは人間に寄生しても、あまり人間に負担をかけないように住み着きます。

なぜならば、人間が死んでしまっては自分も栄養を補給できなくなり、自分も死ぬとわかっているからです。

危険なのは、宿主が死んでしまっても関係のない種類です。

先ほどのサナダムシと違い、危険のある部位でも関係なく寄生してしまい、宿主に大きな負担がかかってしまいます。

脳に寄生してまったケースも報告されているのです。

8位回虫:危険な昆虫

  • 年間殺人数:2500人
  • ランキング:8位

人や哺乳類などの小腸に感染する有名な回虫です。世界で数十億人が感染していると言われています。

この回虫で死に至るケースとして数10万~数100万寄生虫がいると起こりえます。また幼少期に寄生してしまうと脳に重大な影響を与えることもあります。

主な症状として頭痛、嘔吐、めまい、痙攣、腹痛などがあります。

また虫垂に入り込み、虫垂炎になることもあります。多数に回虫が固まってしまい腸がつまり腸閉塞になってしまうこともあります。

回虫により引き起こされる病気はたくさんあります。

7位 淡水の巻貝

世界の超危険な生物達!トップランキング15選

  • 年間殺人数:10000人
  • ランキング:7位

淡水の巻貝です。あまり想像がつきにくいかもしれませんが、沼や水路などにいるカタツムリが小さくなったような巻貝です。

巻貝が直接攻撃をしてくるのではなく、寄生虫が巻貝に寄生をして巻貝が中間宿主にされてしまいます。汚染された川や池などで巻貝はこの寄生虫に取りつかれます。

この淡水の巻貝の寄生虫に感染することを住血吸虫症と呼びます。

致死率は高くないですが、内臓を長い期間痛める慢性疾患になったりします。

WHOの発表によると約2億人が感染していると言われています。アフリカだけで20万人以上亡くなっています。

6位 吸血昆虫 サイガメ

世界の超危険な生物達!トップランキング15選

  • 年間殺人数:10000人
  • ランキング:6位

主に中南米に生息していて、家の壁屋根布団、など色々なところに生息しています。一部のサイガメは人間に対して吸血をする種がいます。

この吸血をされることにより感染症にかかる可能性があります。

吸血をされるだけでは感染はしませんが、吸血をされる際にサシガメの糞尿などが入り込み感染します。

このサシガメの感染症はシャーガス病と呼ばれます。この感染症はすぐには発症せずに非常に長い潜伏期間があります。十数年間潜伏することもあります。

なので感染したことに気づかずに生活している人も多いのです。症状として、筋肉痛心臓の肥大化脳脊髄炎心臓関連の障害などが起こります。

対策として、ピレスロイド系の殺虫剤が効果的です。この成分の入っていない殺虫剤も多くあるので気を付けましょう。アースノーマットシリーズには入っています。

目に入るサイガメを殺虫する↓

部屋の内側から全て殺虫したい↓

5位 ツェツェバエ:危険な昆虫

ツェツェバエ

  • 年間殺人数:10000人
  • ランキング:5位

ツェツェバエは吸血性があり血によって栄養を補給しています。また睡眠病の媒介種と知られています。

睡眠病はツェツェバエの寄生虫トリパノソーマによって引き起こされることがわかっています。病状が悪化すると、睡眠周期が乱れてきて、意識が朦朧とし、昏睡して死ぬこともあります。

これが睡眠病の由来です。

睡眠病はアフリカで約6000万人がこの病気の危険にさらされていて、数十万人が病気になっていると言われています。この病気は特効薬がなく、8割方の人が亡くなってしまいます。

対策としても、虫よけスプレーなどしか対策がありません。

もっと色々な能力が見たい人はチェック↓

4位 イヌ 狂犬病:危険な動物

世界の超危険な生物達!トップランキング15選

  • 年間殺人数:25000人
  • ランキング:4位

イヌが人間を襲って殺されたというニュースはあまり聞きませんが、噛まれてけがをする人は多いでしょう。

そして、犬による人間の死因は狂犬病によるものです。噛まれることにより犬の唾液からウイルスが入り込み感染します。

症状は、強烈は不安感錯乱水を見るだけで怖く、高熱、麻痺、痙攣、風にあたるだけ麻痺をする、呼吸困難など。

このようなフェーズを踏んで亡くなります。そして狂犬病の特効薬ワクチンは無く発症するとほぼ100%死に至ります。

しかし、狂犬病には予防薬が効果的です。人間本人だけでなく、犬への狂犬病の予防接種ができるので必ずしましょう。

3位 ヘビ:危険な昆虫

世界の超危険な生物達!トップランキング15選

  • 年間殺人数:50000人
  • ランキング:15位

言わずと知れた危険な生物ヘビです。

蛇は毒も強く、また締めつける力が強く、子供などは首を絞められ亡くなるケースもありました。

10mあるヘビは、4mのワニなら丸のみにすることができます。しかし、人間の場合だと丸呑みではなく、上半身のみを飲み込まれることが多いと言われています。

最も有名なのは毒で亡くなることでしょう。ヘビは種類により毒の強さが変わってきます。強力な毒性があれば亡くなることもあります。しかし、ヘビのワクチンはあるので先進国でなくなることはあまりありません。

貧困地域などでは、ワクチンの投与が間に合わなく、お金がなくワクチンが払えなく亡くってしまう人が多いようです。

2位 人間

戦争

  • 年間殺人数:470000人
  • ランキング:2位

殺人紛争戦争など全生物の中で圧倒的な人数を殺しています。治安の悪いと言われるベネズエラでは1年間16,000件以上の殺人事件が起きています。

しかし、殺人事件よりも問題なのは戦争でしょう。これにより何十万人も人が殺されています。日本では戦争などなく年間300人の殺人事件がある程度です。

日本は本当に恵まれている国だと実感できるでしょう。

1 蚊:危険な昆虫

世界の超危険な生物達!トップランキング15選

  • 年間殺人数:725000人
  • ランキング:1位

蚊は血で病気を運び、吸血により病気を人間に移してしまいます。

その中でも有名なのはマラリアでしょう。発生の流行は、熱帯亜熱帯70か国以上です。

約2億人が感染していて、年間70万人が亡くなっています。また70万人亡くなると年間数十億ドルの損失が出ていると言われています。

しかし、安心をしてください。現在マラリアの予防薬があります。まだ貧困地域には十分な供給がされていないため発症して亡くなる人が多いのです。

やっぱり日本は恵まれていると実感します。

予防薬を使うことも大事ですが、そもそも刺されないように対策しましょう。

まとめ

実は、サメやライオンなどよりもが最も人間を殺していることをわかりましたね。

大型の動物は目に見えるため気づくことができるだけマシでしょう。しかし、小型な虫、寄生虫などには気づくことが難しいのでしっかり対策をしておく必要があります。

まだ解明されていないだけであり、未確認生物や深海などにもいるかもしれません。

深海の生物をチェック↓

深海の謎を説明!深海魚たちはどこに生息してるの?

今回紹介した危険な生物達は、私たち日本人にはあまり関係がないかもしれませんが、世界のどんな生物が危険なのか知っておきましょう!海外旅行など行く人は絶対にチェックです。

それではみなさんお気をつけて!