人気の記事はこちら

【ギリシャ神話】超厳選した面白いエピソード一覧!

【ギリシャ神話】超厳選した面白いエピソード一覧!
広告

神々しいイメージのあるギリシャ神話ですが、この記事にたどり着いた人が想像するようにギリシャ神話には面白いエピソードがたくさんあります。今回は厳選した面白いエピソードを紹介します。

性器を切られたウラノス

ウラノス

天空神ウラノスは産まれてくる子供が醜いことを嫌い、醜い子供は奈落タルタロスへ幽閉していました。

これに悲しみ怒った妻の大地神ガイアが息子のクラノスにウラノスの性器を刈ってくるよう命じ、刈り取られてしまいました。

生殖能力を失ったウラノスは神の座を息子クラノスに奪われてしまいました。

性器を刈る発想が怖いけど面白いね!

ウラノスがクラノスに王位を奪われてしまう経緯は下記から読んでみてください。

>>【ギリシャ神話の天地創造】世界の始まりは混沌カオスからだった

性器から産まれた絶世の女神

アフロディア

そして、ウラノス刈られた性器が泡になって産まれてきた女神がいました。

それが愛の女神アフロディアです。

このシーンを描いたのが「ヴィーナスの誕生」になります。

絶世の女神が性器から産まれるって面白いね

アフロディアについての詳細は下記に書いてあるので読んでみてください。

>>【オリュンポス十二神とは?】ギリシャ神話の神々を家系図付きで紹介

子供を飲み込むクロノス

我が子を食らうサトゥルヌス(クロノス)

自分の子供から自分の地位を脅かす存在が産まれると予言を受けて、産まれてくる子供全員を丸呑みして食べてしまいます。

しかし、末弟ゼウスだけは妻のレアによって助けられました。

ゼウスが子供を丸呑みする時に妻レアが岩とすり替えてクロノスはゼウスを食べたつもりでいました。

隠れて育ち生き残ったゼウスに毒を盛られてしまい、飲み込んだ子供を吐き出してしまいそのまま討たれてしまいました。

いや、岩って気付こうよね!

ゼウスとクロノスの戦いの下記から読んでみてください。

>>【ギリシャ神話】子ゼウスと父クロノスの戦いは世界規模であった

浮気をしまくる最高神

威厳のあるゼウス

神々の王である最高神ゼウスです。

ゼウスの浮気癖は物凄く面白いエピソードが山盛りです。

  • 牡牛に化けて人間の娘を連れ去る
  • 黄金に化けて人間を犯す
  • 女神に化けて女神を犯す
  • 浮気がバレそうになり相手を牡牛にする

もっと詳しい浮気の原因が気になる方はこちらから読んでみてください。

>>【ゼウスの浮気には理由がある】ギリシャ神話の最高神ゼウスの裏側

母を脅して女神と結婚する

ヘイパイストス

火と鍛冶の神ヘパイストスは、絶世の女神アフロディアと結婚するために、自分の母ヘラを脅して結婚を要求しました。

その手口は母に黄金の椅子を献上して、座った瞬間鎖が母に取りつき、アフロディアと結婚させろと要求しました。

無事、結婚することができましたがアフロディアに浮気をされてしまい浮気アポロに仕返しをするという面白いエピソードです。

>>【ギリシャ神話】ヘパイストスの人生!椅子を使って美の女神と結婚!

遊びで愛人の美少年を失う

アポロ

芸術、予言、光明の神であるアポロンのエピソードです。

アポロンはオリュンポス十二神の中でも一番イケメンであったと言われていて女性とのエピソードも多いですが、美少年とのエピソードもあります。

ギリシャ神話では同性愛の話がしばしば出てきます

美少年ヒュアキントスとアポロンが円盤投げをして遊んでいる時に、ヒュっと風が吹いてヒュアキントスの頭のあたり亡くなってしまいました。

自分で投げたのになぜか悲劇のヒロインかのように書かれています。

アポロンについて下記に詳しく書いてあるのでこちらから読んでみてください。

>>【オリュンポス十二神とは?】ギリシャ神話の神々を家系図付きで紹介

盗んだ火を人に与えてみた

プロメテウス火を盗む

ギリシャ神話で先見の明を持つ者と呼ばれるプロメテウスのエピソードです。

プロメテウスが最高神ゼウスを欺き、人間に美味しい肉を与えてしまいます。

怒ったゼウスは人間から火を奪い人間は肉を焼く手段を失ってしまいました。

それをかわいそうに思ったプロメテウスは、神々から火を盗み人間に与えました。

さすがにゼウスが憤怒!

プロメテウスを山に縛りつけて毎日鷲に内臓を食べられる罰を3万年受けました。

 

泣くほど後悔してたようです。詳しいエピソードはこちらから読めます。

>>【ギリシャ神話】人間に火を与えたプロメテウスとは?

罰の擦り付けに失敗

アトラスとは?

巨人で強靭な肉体を持つアトラスのエピソードです。

アトラスはティタノマキアの戦いでティタン神族に加担していて、ティタン神族が敗北してゼウスらオリュンポス十二神に罰を受けました。

罰は永遠に天空(地球)を支えることです。

永遠に支え続けるは辛いよ

しかし、アトラスの元にヘラクレスが「黄金の林檎」を取ってきてほしいお願いをしにきます。

そこでアトラスは「オレが取ってきてやるからヘラクレスは天空を支えていてくれ」とバトンタッチします。

久しぶりに解放されたアトラスはもう支えたくないと思い、ヘラクレスに「黄金の林檎はオレが届けておいてやるからもう少し待ってくれ」と伝えます。

ヘラクレスは「わかった。長くなるなら態勢を変えるから少し天空を持っていてくれ」とアトラスにバトンタッチします。

そしてヘラクレスはそのまま逃げてしまいます。

結局、アトラスはそのまま永遠と支えることになってしまいます。詳しい経緯はこちらから読んでみてください。

>>【ギリシャ神話アトラスの人生】なぜ地球を背負っているのか

ギリシャ神話は面白いエピソード満載

ギリシャ神話と聞くと神々しいエピソードを想像するかもしれませんが、そんなことはなくドロドロの人間味のあるエピソードが満載なのです。

悲しいエピソードなのにどこか面白く感じてしまいますよね。

これがギリシャ神話の人気な理由なのかもしれません。